羽曳野市の施行60周年記念シンボルマークが決定!

羽曳野市の施行60周年記念シンボルマークが決定!

羽曳野市が市制施行した1959年(昭和34年)1月15日より、

2019年(平成30年)1月15日で60年を迎えるにあたり、

市制施行60周年記念事業のシンボルとなるロゴマークを一般より公募しました。

その後選考した結果、こちらのシンボルマークに決定しました!

 

羽曳野市HPより引用

 

制作者は宮崎県宮崎市の男性のようです。

シンボルマークをみると、まず「ぶどう」が目に入りますね。

60周年なので「60」の数字。

60の「0」は下が切られており、中央の丸と下の欠けが合わさって

古墳」がみえます。

制作者の児島さんの解説を読むとさらに

マークが右上方向に向かって行く様に見せることで、未来に向け躍動する元気な街であることを伝えます。

とあるように、確かに全体的に右上に向かっています。

 

この記事を書いている2017年12月28日時点で383日となっています。

あっという間に60周年を迎えそうですね!

 

はびきのファンも施行60周年に向けて、羽曳野市の情報を積極的に提供していきたいと思います。

 

情報元:羽曳野市HP

 

羽曳野市施行60周年まであと

行政情報カテゴリの最新記事